利用条件というものが住宅ローンには設けられているため、誰でも利用できるわけではありません。

住宅ローンのフラット35
住宅ローンのフラット35

利用条件とは

住宅ローンのフラット35
一戸建て住宅やマンションなどの住まいのローンには「利用条件」が設けられています。
住宅ローンの利用条件を知るためにフラット35をモデルに調べてみましょう。
まず「年齢条件」です。
フラット35では、親子リレー返済を除く場合、満20歳以上満70歳未満となっています。
そして「年収条件」では、年間合計返済額の割合である「総返済負担率」の基準が設けられています。
年収が400万円未満の方の場合は、総返済負担率は30パーセント以下とされており、年収400万円以上の方の場合は35パーセント以下です。
この総返済負担率には住宅ローン以外の融資も含まれています。
キャッシュローンやクレジットーローンなども含めて、この総返済負担率基準が用いられます。
年収は、住宅ローン申し込み前年度のものとなっています。
そしてフラット35を提供している住宅金融支援機構が定めた「技術基準に適合している住まい」とされています。
さらに住まいに対しては「一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合は、床面積が70平方メートル以上」「マンションなどの共同住宅の場合は、床面積が30平方メートル以上」の物件となっています。
敷地面積は利用条件に設けられていません。
続いて新築住宅の場合は「竣工から2年以内の住宅で、なおかつ人が住んだことのない住宅」となっており、中古住宅の場合は「竣工から2年を超えている住宅、あるいはすでに人が住んだことのある住宅」となっています。
これらの利用条件を満たさない場合は、住宅ローンを利用することができませんので事前に確認をしておきましょう。

お役立ち情報