フラット35の親子リレー返済とはどのような返済方法になっているのですか。

住宅ローンのフラット35
住宅ローンのフラット35

親子リレー返済について

住宅ローンのフラット35
通常、住まいのローンには利用条件が設けられており、年齢条件というものがあります。
これに該当しない年齢の方は利用することができません。
一般的な住宅ローンにおける利用条件は、申込者の年齢が20歳以上65歳未満となっています。
ですが住宅金融支援機構の提供するフラット35では、20歳以上70歳未満となっており、一般の住宅ローン利用条件よりもあまいものとなっています。
また年齢条件に満たない場合でも「親子リレー返済」を利用することで、申し込むことが可能になる場合もあります。
親子リレー返済とは、文字通り親子で返済をするという住宅ローンです。
親子リレー返済を利用する条件は、申込時の申込者本人の年齢が満70歳未満で、その子どももしくは孫、あるいは配偶者でそれらの連帯債務者の収入が定期的にあるものとなっています。
そしてこの連帯債務者は一人のみとなっています。
フラット35の完済時の条件は満80歳未満となっているため、申込者の完済時の年齢がそれ以上になる場合に連帯債務者が債務を引き継ぐ形となっています。
連帯債務を正確にいえば、この場合の債務であるフラット35について、親と子どもそれぞれの債務者が全部を各自独立して負担する債務となっています。
フラット35の場合は、子どもや孫が債務者の後継者となって返済をすることになります。
また親子リレー返済でなくても、「収入合算」によって返済期間を短期にすることでフラット35を利用することが可能になる場合もあります。
収入合算では、フラット35の申込者とその配偶者(または内縁関係者)のそれぞれの収入を合算することで総返済負担率を下げることになります。
利用条件は、申込者の年齢が70歳未満で、収入合算をする配偶者と同居する場合となっています。
ただし親族が住むための住宅では同居が不要となっています。