不動産の売買契約とはどのような性質を備えたものなのでしょう。

住宅ローンのフラット35
住宅ローンのフラット35

売買契約の性質

住宅ローンのフラット35
高額な取引になる不動産の売買。
ですが売買契約において、書類などが必須というわけでもなく、売り主と買い主の合意さえ認められれば売買が可能となっています。
すなわち口約束でも売買契約は成立するというわけです。
ですが不動産会社などの仲介業者は当然、売買契約の際の書類作成が義務付けられています。
ですがそもそも、売買契約とは原則自由となっています。
もちろん法令の範囲内に限りますが、この自由という設定に問題の発生が懸念されます。
住まいの売買は個人間で行うことも可能なので、この自由という定義によってトラブルの発生が懸念されます。
特に注意が必要なのは、個人間の売買契約では契約書作成が義務化されていないという点です。
売買契約書を作成しなくても、契約は成立します。
個人間であれば、特にこのような作業を省くケースがみられます。
ですが、金銭のやり取りになる契約のため、どれだけ親しい間柄でも不動産売買では、必ず契約書を作成するようにしましょう。
売買契約は1度締結させてしまうと、解約が難しくなります。
買い主の一方的な解約の場合は、罰則が科せられてしまうことが大半です。
後から契約内容に不満があっても、罰則を受けなければ解約することが難しいです。
そのため、このようなことがないように売買契約書を作成して、書類上で双方が合意することがもっとも重要となっています。
住まいに関するトラブルの発生は後を絶ちませんが、このような中ば常識的なことも抜け落ちているケースもありますのでよく認識をしておきましょう。