売買契約書は多くの情報が記載されいているので、端的なチェックポイントを確認しましょう。

住宅ローンのフラット35
住宅ローンのフラット35

売買契約書のチェックポイント

住宅ローンのフラット35
不動産の売買において、通常は不動産会社を仲介して契約を交わすものとなっています。
ですが契約自体は自由となっており、不動産会社などの仲介業者を通さなくても売買契約を交わすことは可能となっています。
このような場合は書類などの作成は義務化されておらず、口頭による約束のみでも成立します。
ですが金銭の授受がある契約のため、必ず「売買契約書」を作成するようにしましょう。
売買契約素にはさまざまな重要な事項が記載されていますのでしっかりと確認していきましょう。
まずは「物件の表示」という項目があります。
住所や敷地面積などが記載されていますが、必ず正確な内容となっているわけではありませんので、自身が登記簿謄本を用意して、確認作業を行いましょう。
続いて売買契約における代金の支払い方法や金額、手付金についてなどの項目です。
お金に関することはトラブル発生の元ですから、内容をよく確認しましょう。
そして「権利」についての項目です。
ここで重要なのは、所有権者の名義人が売り主と同じかどうかということです。
名義人が異なる場合はトラブル発生が懸念されますので、契約は注意しましょう。
さらに重要なのが、抵当権の設定です。
抵当権が設定されている住まいを購入してしまうと、後にトラブルが発生することはほぼ間違いないでしょう。
そして「物件状況確認項目」です。
これは物件がどのような状況になっているかを調査したもので、その中に問題がないかどうかを確認します。
これら以外には「引き渡し前における物件の減失や毀損」「契約違反による解除」「ローン特約」などがあります。

お役立ち情報